学校概要
校長挨拶 教育目標 沿革 校歌 概況
校長挨拶

早稲田中学校・高等学校のホームページへようこそ

校長  瀧澤 武信

本校は1895(明治28)年、大隈重信の教育理念にもとづき坪内逍遙らによって創設された、早稲田大学の附属・系属校の中でも最も古い伝統ある学校です。

日本の近代化に多大な貢献をした大隈重信ですが、彼が強い関心を持ち続けた分野の一つが教育です。1872(明治5)年という時期に、既に身分や男女の別を問わず、満6歳になれば全ての児童が学校に通うという、義務教育制度の実施を謳った「学制」の公布に力を注ぎました。10年後には、のちに「早稲田大学」となる高等教育機関としての東京専門学校を創設し、さらにその13年後に、中等教育機関としての「早稲田中学校」を創設したのです。

早稲田大学の建学精神が「学問の独立」であるのに対し、早稲田中学校では「人格の独立」を謳っています。特に言行一致という意味での「誠」を教育目標の中心として掲げ、生徒個々人のかけがえのない「個性」を伸ばしつつ、世界に貢献する「有為の人材」を育成することを理想としています。大隈の理念に即していえば、自立心を持ち、逆境にあってもますます勇壮な気概を抱くような人間を育てることが教育の使命であるということです。

本校は、中学高校6年間の完全一貫教育により、生徒の心身の自然な成長と、自らの意思に基づいた進路選択を可能にする学力の向上を目指しています。まず、人間として豊かであるために、知力、体力、感性等すべてにバランスのとれた素養を身に付けるためのカリキュラムや特別教育活動を編成しています。バランスのとれた深い教養を持ってこそ、生徒たちは卒業後、多方面で存分に活躍できると考えるからです。

本校が早稲田大学の系属校であることも特徴の一つです。早稲田大学の各学部に推薦で進むこともできますし、本人の希望次第で他のいかなる大学へ進学する道も開かれています。例年約半数の生徒が早稲田大学に推薦で進学し、他の生徒は早稲田大学や慶應義塾大学、国公立大学に受験で進学しています。生徒は高校2年で文系理系に分かれますが、その後も文理の枠を超えて基本的に全教科を学びます。このような体制によって生徒の間に落ち着きと適度な緊張感が生まれると同時に、違和感なく互いを切磋琢磨し合うことが良質の教育効果をもたらす結果となっています。生徒は希望する大学や学部を自らの意思に基づいて決定するため、どの大学に何名合格したというようなことは重要視されません。多様な進路を希望する生徒が一つのクラスに混在していることも、個々の価値観を互いに尊重し、自らの希望にも挑戦するという相乗効果をもたらし、毎日の学校生活を伸び伸びと過ごす一因になっているのです。

生徒諸君の人格形成や躾についてはご家庭が基本です。しかしながら一日の約三分の一を過ごす学校という場の持つ影響ははかりしれません。毎日の学習はもとより自主的なクラブ活動、種々の学校行事などの集団生活を通してはじめて身に着く社会生活の基本を私たちは指導しつつ、生徒一人一人の個性に正面から向き合い、彼等の将来を見据えた指導を心掛けています。

中学高校という時期は、子供たちが大きく成長すると同時に、一方では青少年として悩みもがき続ける6年間でもあります。彼等がそれぞれの理想や希望に向かって大きく羽ばたけるよう、学校と家庭が力を合わせて進んで行きましょう。

ページトップ
本サイトの利用について
Copyright 早稲田中・高等学校 All Rights Reserved